smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
DVDレンタルされる方は、ツタヤをオススメします。

こちら→DVDが借り放題!TSUTAYA DISCAS

ネットレンタルは、借り放題なのが魅力です。

中古DVDを購入される方は、
こちら→もんきーそふと
sponsored links
profile
recommend
new entries
categories
archives
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

がちボーイを見て美容を考える

 普通ヒットしなければ続編はあり得ない。
しかし、最近の主流は最初から3部作と銘打って、数年単位で観客を
囲い込もうとする作戦。この映画もシリーズ化が謳われていた。
が、いつまでたっても続編制作の様子が伝わってこない。
なぜ止まっているのか?
その答えのひとつとなる衝撃のニュースが入ってきた。
「製作のニューラインシネマが消滅 ワーナーに吸収!!」
会社が自らの方向性を決める羅針盤を失っているのにライラの羅針盤に
構っているヒマはないのは当たり前だ。
さあ、そんなファンタジー超大作、全然ファンタジーと程遠い現実的な
話題満載の超大作、運命はいかに・・・?

そんな感じです。

at 17:14, fuku33, -

comments(28), trackbacks(0)

エラゴン

 超大作なのに公開のギリギリ前にしか試写会が行われない。
宣伝する側には辛いところだが、これもひとえに海賊版対策。
その多くがアジアから流出していることから厳重な警戒網がはられている。
それに対してストーリーは・・・ゆるい、ゆるい。
ドラゴンのタマゴが少年の手に渡り、ドラゴンライダーへと成長していく。
ただそれだけのお話、恐ろしいことにテレビのCMでストーリーのすべてを
紹介し尽くしている。それぐらいシンプルなのだ。

at 03:46, fuku33, ア行

comments(0), trackbacks(0)

ダーウィン・アワード

動販売機の下敷きになって死んだサラリーマン。
高層ビルの窓ガラスの強度を調べるために転落した男。
世界一速く走る車を作って山に激突した男。
コンサートを盗み見しようとして命知らずな計画をたてた男、などなど。
「こんなことが本当にあったんか?」と思える事故が描かれる。
ものすごく間抜けな死に方をした人に贈られる「ダーウィン賞」
かなりブラックな賞で、笑うに笑えない題材なんだが、この映画は
その微妙な境界線を綱渡りのように歩いていく。

爆笑するけど人に勧めにくい、複雑なところもこの映画の特徴だろう。

『恋に落ちたシェイクスピア』のジョセフ・ファインズがちょっと
コミカルに、プロファイリングの達人を演じている。
彼とコンビを組む保険会社の調査員を演じているのは万引で捕まった
ウィノナ・ライダー。キャスティングにも微妙な面白さがあったかな。

at 09:36, fuku33, タ行

comments(0), trackbacks(0)

ダーク・ウォーター

 CMのイメージ・ソングにCRYSTAL KEYが起用されている。
ナレーションは黒木瞳。ちょっとオシャレ感を強調。
女性層=F1&F2狙いの宣伝戦略が丸見えである。
しかし、原作はジャパニーズ・ホラー『仄暗い水の底から』
画面には真っ黒の水が噴き出している。
《オシャレなんか、怖いんか、どっちかハッキリせえよ!》
でも、実は、この、どっちつかずさ、がこの映画の特徴でもある。

母娘の物語。離婚して親権を争っているのはオリジナルと同様の展開だが、
ここは訴訟天国アメリカ、日本の設定よりもっとリアルに感じられる。
前半は終始、母と娘の関係に重点が置かれていた。
2人を襲う怪現象。ここは中田秀夫が才能を見せつけたところだが、
今作でサレス監督はその領域に足を踏み入れようとはしていない。
どちらかというと、あえて避けて通って、違うところで勝負しようと
しているような気がした。それどころか、本当に恐ろしいのは怪現象ではなく、
厳しい労働条件で働かされている管理人の実態や、ええかげんな不動産業者、
そして住人の不良少年など、現実であると言わんばかりだ。

アメリカでの事前試写はあまり評判がよろしくなく、公開を延期して手直しが
施されたとも聞いている。映画会社の重役も《どっちかハッキリせえよ!》
と言ったかどうかは知らないが、水の色をコンピュータで着色したりして
ホラー色を強めようとしたらしい。さあ、日本での評価はいかに?


at 14:33, fuku33, -

comments(1), trackbacks(0)

紀元前一万年

 CGで何でもできる時代、スピード感を追求したり、残酷さを表現したり、
いろんなアプローチがなされているが、この映画は1万年前の世界を忠実に
再現しようとしている。さすが自然派志向の強いエメリッヒ監督。

誰も、1万年前を見たことがない。
だから、自由に描きたい放題。
当然のことながら生物の専門家たちから、
批判のオンパレードを食らった映画です。

at 21:35, fuku33, 雑記

comments(0), trackbacks(0)

読書のやり方

 

まずは、スターター式読書です。具体的には、目次に目を通したあと、ページをざっと繰って、タイトルとサブタイトルだけ流して読みます。

そのとき、気になるページの端を折っておくか、あるいはそのページを切り取っておくかします。これにかかる時間はほんの数分です。そして、選んだ記事を読むのは隙間時間に読むのです。

日常生活には、必ず隙間時間が存在します。電車やタクシーに乗っている間の移動時間のみならず、待ち合わせで相手がちょっと遅れる場合もあるでしょう。

そのような時間のために、読みたい記事を持ち歩いておけば、わずかな時間でもムダに過ごさずに済みます。

またわざわざそのための時間を設けなくても、雑誌を読むのはそれでカバーできるのです。

at 10:54, fuku33, -

comments(0), trackbacks(0)

高橋Qちゃん

 昨年10月に現役を引退したシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(36)が、TBS系新報道番組「総力報道!THE NEWS」(3月 30日スタート、月〜金曜後5・50)でスペシャルスポーツキャスターを務めることになり30日、東京・赤坂の同局で会見した。テレビ初レギュラーのQ ちゃんは、陸上以外の競技にも興味を示しており、キャスターとして、同局が独占放送する男子ゴルフのマスターズ(4月9〜12日)に招待出場する石川遼 (17)の密着取材にも意欲を見せた。

at 15:59, fuku33, 雑記

comments(0), trackbacks(0)

トリック(1)

評価:
仲間由紀恵,阿部寛,生瀬勝久
パイオニアLDC
¥ 2,952
(2000-12-08)
未知の現象につながる一筋縄ではいかないトリックの世界をスリリングかつコミカルに描ききったミステリーの良作。自称売れっ子マジシャン・仲間由紀恵と堅物物理学者・阿部寛はでこぼこコンビを結成し、さまざまな超常現象のなぞに迫っていく。
テレパシー、消失現象、遠隔透視といった定番トリックがさまざまな切り口で次々に登場。
下ネタ満載の掛け合いなど、コミカルなテイストにも冴えを見せる。トリックの背景にひそむ新興宗教、霊感商法、土俗的な因習などの虚構が暴かれていくシリアスなドラマとしても一流。
仲間由紀恵の初・主演作にして代表作。大人気のシリーズ・最初の事件は「母の泉」です。
ゲストは菅井きん。
シリーズ最初の仲間由紀恵さん、どこかあどけなくてかわいいですね。

at 16:19, fuku33, タ行

comments(0), trackbacks(0)

AKIRA DTS sound edition

評価:
岩田光央,佐々木望,小山菜美,大友克洋,橋本以蔵
パイオニアLDC
¥ 2,540
(2002-12-21)
世界中にセンセーションを巻き起こした日本のアニメ史に輝く傑作。
全てが完璧すぎるために、あくまでも比較する上でだが、
物足りなさや若干のつじつまの合わないところが、ある。
続きを読む >>

at 01:52, fuku33, 大人なアニメ

comments(0), trackbacks(0)

それでもボクはやってない スタンダード・エディション

評価:
加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司,周防正行
東宝
¥ 3,271
(2007-08-10)
日本の裁判の実態を問題にした、周防正行監督の渾身の社会派の1作。
ここまで綿密にリアルに描ききった裁判映画ははじめて。
哀しいけれど、現実なのに「笑える」映画。
電車内の痴漢でその後の人生が一変してしまうという怖さは、
本作をみた人だれもが感じるはず。

at 23:01, fuku33, サ行

comments(0), trackbacks(0)